京都大学経済学部同窓会近畿支部 Kyoto University department-of-economics class reunion Kinki branch

支部の概略

支部長挨拶

image

 このたび、麻生 純様(昭和47年卒)から近畿支部長を引継ぎました槌野吉郎(昭和50年卒)と申します。2019年には、経済学部百周年の記念の年を迎えるにあたり、身に余る大役ではありますが、精一杯努めてまいる所存です。
私自身の同窓会とのかかわりを述べれば、若いころは「京大生が同窓会で群れるなどトンデモナイ」と、アンチ同窓会を貫いておりました。
しかし、海外に駐在していた折、そして帰国後、多くの京大の同窓・同期の方々にお会いしました。京大の空間を共有していたと分かると、懐かしさと親しみを覚えたものです。仕事の付き合いから始まり、プライベートでも長く交流を重ねているのも、京大の仲間だからこそです。先日、若手の方から、「もっと群れておけば良かった」との話を聞きました。頑なに、「群れない」ことを標榜しなくても良いのかと思います。
また、大学も法人化を経て、寄付金等による若手の支援も求められています。百周年記念事業の一環として、寄付金が教育・研究設備の整備、若手研究者の支援に使われるとの事です。
お世話になった母校への恩返しも、役割の一つかと思っております。既に現役を引退されたOBの方、そして現場で活躍される若手の皆様が、同窓会を通じてタテ・ヨコの絆を紡いでいかれることを願っています。まずは、各種会合にお運び頂き、旧交を温める、互いに切磋琢磨する、趣味を共有する等、ご理解とご協力をお願いしご挨拶といたします。



平成30年11月
京都大学経済学部同窓会
近畿支部長 槌野 吉郎

Page Top