京都大学経済学部同窓会近畿支部 Kyoto University department-of-economics class reunion Kinki branch

総会・支部主催行事

第8回近畿支部総会報告

平成30年度の近畿支部の総会・講演会・懇親会が、平成30年12月14日(金)に大阪ガス本社ガスビルにおいて江上雅彦学部長を始め大学からの多彩なゲストも含め、総勢100人の参加のもと盛大に開催されました。

  総会は、槌野吉郎支部長の挨拶、今年度の支部活動報告と会計報告がされた後、江上本部理事長(学部長)の来賓挨拶、田中本部常務理事(教授)の本部活動報告、田中大学総務部卒業生係長の同窓会活動紹介・会員勧誘がありました。

続いて、京都大学大学院経済学研究科の武石彰教授により、「経営学は(どのように)役に立つのか」のテーマで御講演をいただきました。経営学を学べばよい経営ができるわけではない、しかし先人の足跡を学ぶ意義は大きいなど、経営学という学問を根底から問い直す内容の講義でした。

懇親会では、ガスビル食堂に会場を移し、槌野支部長の挨拶、池上惇名誉教授の発声を皮切りに、スタートしました。5年~10年ごとの卒業年度毎にテーブルを囲んでいましたが、現在の仕事やゼミの先生の思い出話など座が大いに盛り上がり、いつの間にか卒業年度を超えて歓談の輪が広がり、同窓の絆を深めました。途中、豊来家幸輝さんによる傘回しなどのアトラクションがあり、多くの人が暫し懇談を休止し素晴らしい太神楽曲芸に見入っていました。恒例の抽選会の後、「琵琶湖周航歌」を全員で合唱しました。小塚修一郎同窓会会長による閉会挨拶の後、全員で記念撮影をし、来年の再会を誓いつつ幕を閉じました。
武石教授のご講演
2018年12月14日 於:大阪ガスビル(グループ①)
2018年12月14日 於:大阪ガスビル(グループ②)

Page Top